台湾自転車が日本でも売りだされて行くようです。

“台湾自転車が、日本でも売りだそうと必死になっているようです。
日本では台湾の自転車と言っても知らない人がほとんどで、店に行っても置いている場所は少ないでしょう。
自転車の輸入をしないということは、日本のメーカーを守っていると言っても良いかもしれないですね。
最近では、台湾ブランドの自転車は、意外にもデザインが良いとか自転車が軽いと言った良い評判が聞かれています。
台湾が見て欲しいと思っているのは、品質の良さ、クオリティの高さだと言うことでしょう。
台湾メーカーの名前は「ジャイアント」「メリダ」と言ったブランドがありますが、やはり聞いたこともない名前です。
台湾の輸出台数の70%は、欧州や北米に送られているようで、日本への販売数はほとんどないと言うのです。
知らないことは当たり前かもしれないですが、これからは海外のどんな品物でもネットで買うことが出来る時代になってきているかもしれないでしょう。
そうなると、台湾自転車が珍しいのも今のうちということになりますね。
自転車に興味を持つのは、このようなことからかもしれないですね。
http://zanminsh.com/

Comments are disabled

© 2017 おかしな「ジローラモ佐藤」のバカで不条理な日記. WP Castle Theme by Just Free Themes